ケース8

3つの窓が見守る、
家族の物語。

家族が増えるのを機に家づくりをスタートしたご夫妻は、社交的でご友人が多く、奥さまはエアリアルヨガのインストラクターなので自宅スタジオをご希望。「いつでもパーティができるのが理想。だから、1階はゲストメインで、お風呂や洗面所などはすべて2階にしてもらいました」と奥さま。

開放感を演出しているのは、DKリビングの個性的な3つの窓。
1つめは、ご夫妻こだわりの造作ソファとマッチした腰高窓。
2つめは南向きの大きな窓。
そして3つめは、ダイニング背面のカフェ風の窓。
「子どもが生まれたらゆっくりできないと思っていたけど、
逆に以前よりも夫婦でまったり過ごすようになりました。
家にいる時間が一番落ち着くんです」と語るご主人。
居心地のいい場所がたくさんある家で、
3人のお子さまは日々成長し、ご家族の物語は続いていきます。

[羅針盤アンケートの活用]

設計に入る前に、
カノウが独自で行っている「羅針盤アンケート」で
ご夫妻それぞれの考え方や悩みを“見える化”したことで、
したい暮らしのイメージが具現化できました。

奥さまのトレーニングルームは、個人レッスンも考慮して、
玄関から直接入れる設計。
エアリアルヨガはスリングにぶら下がって行うので、
天井の強度は高めています。

ここでお子さまの写真を撮ることが家族の恒例行事になっている、
陽だまりの造作ソファ。
サイドテーブルにもなる収納ボックス付きです。

陽があたり、風が通るウッドデッキは、
お子さまと愛犬お気に入りの遊び場。