家づくりコラム

2019.12.07

SHINKAの家

岡山・高知で家を建てるための家づくりコラムvol.32_イマドキシリーズ①~リビング編~

image
岡山・高知で新築注文住宅をご検討中のみなさん こんにちは。ショールーム担当の江渕です。

岡山・高知で新築注文住宅をご検討中の皆さんがイメージしている新築注文住宅というのは、
おそらく、ご自身が小さい頃に暮らした実家と比べると変わっているのではないでしょうか。

というのも、一昔前の家の間取りのつくりかたとイマドキの間取りのつくりかたが
だいぶ変わってきたからです。
情報社会化が進み、新築注文住宅での住まいのあり方が激変していくと思われます。

そこでイマドキの家づくりや住まい方について少しだけお話させて頂きます。
今回は【リビング編】です。



20年程前までは新築注文住宅のリビング階段のプランは
ほとんどなく、廊下があり階段がある形がほとんどでした。
今はリビング階段を希望される方が多くなってきています。また、子どもが勉強する場所も変わってきています。

昔は、岡山・高知の新築注文住宅のLDKに家族が集まるのは食事の時だけ、
その後はそれぞれの個室に戻ってそれぞれの時間を過ごす、そんな家族の住まい方がほとんどだったようです

しかし今では、岡山・高知の新築注文住宅において
家族みんなが同じスペースに集まり、それぞれ好きなことをする、
家族の気配の感じるLDKプランが多くなっています。

例えば、岡山・高知の新築注文住宅のキッチンの近くにカウンターを設けることで、
キッチンでお母さんが晩御飯の支度をしている横で子どもたちが宿題をします
分からないことがあれば、すぐに家族に聞いたり、学校であった出来事を話したりと、
家族のコミュニケーションをより育むことができます。

大学に合格したお子さんは、自分の部屋があるにも関わらず、家族がいるリビングで勉強しているというお話も。
子供の知的好奇心を育むためにも、岡山・高知の新築注文住宅での家族のコミュニケーションは重要なようです。

岡山・高知の新築注文住宅で子どもとの時間を楽しめる、
勉強が楽しくなるような子どもにやさしいリビングやダイニングの環境を整えたり、
大人が料理をしながら子どもに目が届く間取りを考えたり、
趣味のものなどを飾った棚を造り本などを飾り、読書の習慣を自主的に育てるなど、
ちょっとした工夫で子どもの協調性や社会性も育まれていくと言います。

いかがでしたでしょうか。
イマドキのリビングを見学できるモデルハウスをぜひ一度ご見学ください。
岡山・高知の新築注文住宅での暮らしのイメージがきっと膨らむはずです。