家づくりコラム

2019.03.07

SHINKAの家

岡山・高知で家を建てるための家づくりコラムvol.23_和建設の収納術【リビングの壁収納】

image
こんにちは。日差しが強く夏らしい気候になってきましたね☀️

こんな暑い日に、家に帰ったらリビングにはものが溢れていてくつろげない🐰、、、ありますよね💦できれば「片付けをしなければならない」ではなく「なんとなくいつも片付いている」そんなお家にしたい。そんな魔法のようなお話があるわけ…いえいえ、それは可能なんです!そのキーはズバリ【収納】にあります🐰🥕

ということで、本日は和建設の「収納」についてのお話をしたいと思います。

和建設は収納が多い、と聞いた方もいらっしゃる(?)かもしれませんが、本当にそうなんです。一般的な住宅の収納スペースは総床面積の7〜8パーセントと入れています。それに対して、和建設の家は総床面積の15パーセント以上を収納スペースとして確保することを目標として設計をしています🐰!(※お客様のプランによって異なります)

私たちはたくさんのノウハウから、ご家族ごとにあった、様々な収納方法をご提案させていただいています。

その中から、今回はお家で一番過ごす時間が長いリビングから【リビングの壁収納】をご紹介します🐰🥕

幅3600mm×高さ2400mmのリビングの壁をテーマに、さまざまなカタチを考えていきたいと思います。



















せっかくお家を建てたのに、リラックスできるはずのリビングでくつろげないなんて悲しいですよね😢今日はリビングの壁面収納をご紹介しましたが、この他にも和建設にはたくさんの収納術があります。ですが、収納はただ多ければ良いというわけではありません。ご家族によって使いやすい最適な収納の量・場所・カタチがあるのです。私たちは、ご家族が今までどうやって暮らしてきたか、これからどんな暮らしがしたいか、それを徹底的にお聞きして、ご家族にあったカタチの収納をご提案させていただいています。他にどんな収納があるの?私たち家族にあった収納のカタチってなに?和建設のコーディネーターにぜひ聞いてみてください。自分たちで気づかなかった、気持ちいい暮らしのヒントが見つかるかもしれませんよ🐰🥕