家づくりコラム

2018.12.03

SHINKAの家

岡山・高知で家を建てるための家づくりコラムvol.20

image
岡山・高知で家を建てるための家づくりコラムvol.20

家づくりブログ20件目のご紹介になりました。今回も、和建設(岡山)でお家を建ててくださったオーナー様の家づくりをご紹介いたします。岡山・高知で新築をお考えの方、家づくりのことでお悩みの方のしあわせな住まいづくりに少しでもお役に立つことができればと願っています。


\今回ご紹介するI様邸のみどころ/


●お母さん、お父さん、3人のお子様、家族みんなの動線を思う家


●子育てに効く、優しい家

●インテリアの映える、シンプルに計算された家

●和建設の特徴のひとつ。ご家族の暮らし・価値観の徹底的なヒアリング


テーマ:家族 みんなが 思い合う家。




「おてつだい、させてー!」 キッチンに立つママのところへ、5歳のお兄ちゃんと3歳のお姉ちゃんが駆け寄ります。子どもたちにとって今いちばん楽しいのはママのお手伝いをして褒めてもらえる、この時間。それはママにとっても幸せな時間です。



今回おうかがいしたのは、現在3人の子育てに忙しいIさまのお家。以前はすぐ近くにあるご主人のご実家で暮らしていましたが、家が昔の造りだったため家事動線が不便でストレスを抱え込んでいたそうです。「いちばん下の子が生まれたばかりで、目が離せず手もかかる時期だったため簡単な家事でさえ時間がかかるし、上の子達は『おてつだい、させて』って言ってくれるんですが、させてあげられる環境になくて『ダメ!あっち行ってて』と言うしかできず余計にイライラ…。結局、主人に当たってしまうことが増えていたんです。仕事で疲れていることは分かっているのに…」そんな日々から抜け出したい一心でIさまの家づくりはスタートしました。冬場はかなり冷え込む場所だったことから、ご主人は「断熱」などの機能性を重視し、専門誌を熟読。その一冊に「グラスウール充填断熱施工技術マイスターがいる会社」として紹介されていた和建設が目に留まり、ご相談をしていただけるようになりました。家づくりが始まった当初は「とにかく自分が家事をしやすい動線にしようと考えていました」という奥さま。しかし、あるひと言をきっかけに家づくりの方向性が一変したのです。 【お母さんのための家にしよう】それはご主人がふと口にしたひと言でしたが、奥さまにとっては目の前が一気に晴れるように感じられました。 「主人の言葉を聞いて、自分のことしか考えてなかったのでは…と気がついたんです。これは“家族みんな”の家。自分だけじゃなく、家族それぞれの動線を考えなくちゃいけないと思いました」ご家族がお互いのことを思い合う市川さんご一家。その優しさに応えられる家とはどんなカタチだろう、と和建設もアイデアを練りました。その一つが【お父さんのための動線】です。交代勤務をしているご主人は深夜に帰宅されることが多く、これまでは寝ているご家族を起こさないように気を使いながら着替えたりお風呂に入らなければいけませんでした。そこで、玄関・クローゼット・お風呂までを一直線で結び、最短距離&時間で疲れが癒せる動線に。ご家族が寝ている1階和室と程よい距離を保たせているので、起こしてしまう心配もありません。また、奥さまが描いていたイメージをもとに【子ども達のための動線・空間・収納】も考えました。「帰宅してから、お母さんがいるキッチンでおやつをもらうまで」の動線のなかに「靴を片付ける内玄関、カバンを置く収納棚、手を洗ってうがいをする洗面所」を通るようにして、自然に帰宅後のエチケットが行える動線を描いています。自分のことを自分でできるようになって子ども達は満足げです。そして、家づくりのなかで「新しい家では、インテリアにこだわりたい」とお話しされていた奥さまのために、ご趣味をしっかりくみとったデザインをご提案。こだわりのインテリアがすーっと馴染む、すっきりシンプルな雰囲気にまとめました。「和さんが私の好みを理解してくれて、『こういうのお好きですよね?』ってたくさん提案してくれたのが嬉しかったです。シンプルなデザインなので、あれこれ無駄なインテリアを買わずに済んでいます」 このお家で暮らし始めてから、日々の様子をインスタグラムに投稿している奥さま。そのフォロワーはなんと4700人以上に増えたそうです(ちなみにアカウントは@15home)。 きれいな写真を撮りたくなってカメラもご趣味となり、日々の楽しみが広がっています。 「主人のこと、子ども達のことをしっかり考えて家づくりをしたんですが、結果的に私がいちばん幸せかもしれませんね」 そう言ってご家族を見つめる奥さま。家族が家族を思い合うことで、日々の暮らしは優しく、豊かなものになっていくんだと改めて教わった気がしました。

▼DKリビングをすっきりさせるため、 ミセススペースに十分な収納を保たせました



帰宅してからおやつまでの間に基本的なエチケットを。 “自分で出来る”場面を増やして自立心を大切にします。

▼内玄関にクツをお片づけ



▼兄妹並んでも余裕の 洗面所で手洗い&うがい



▼キッチン手前の収納棚で 翌日の支度を済ませます



▼お母さんのいるキッチンで お手伝いしてからおやつだよ。





子どもたちのための動線と空間、収納。お父さんのための動線。



体に負担がかかる交代勤務だからこそ、 家での休息時間を大切に。

深夜に帰宅したお父さん(①)。玄関に入ってすぐのウォークスルークローゼットで仕事服を脱衣(②)。そのままお風呂でザブンと浸かり一日の疲れを洗い流します(③)。お風呂の近くにはお父さん専用の寝室がある2階への階段(⑤)と、キッチンへの入り口を配置。お風呂上がりに冷えたビールをグビッ(④)と飲めます。2階にある寝室は「主人をゆっくり寝かせてあげたい」という奥さまの希望を叶えるべく、昼間でも真っ暗くなるようにつくりました。1階からの物音がいちばん響きにくい位置に空間を配置したので、日中子ども達が騒いでも奥さまが家事を始めても静かにグッスリ休めます。



▼寒い場所だからこそ、断熱にこだわった家

いかがでしたでしょうか?今回は和建設で家づくりをされたI様邸をご紹介させていただきました。


岡山・高知で家づくりをお考えの方の参考になれば幸いです。和建設では、定期的に「街なか実例見学会」「家庭訪問ツアー」「水廻りお勉強バスツアー」「家づくり勉強会」を開催しております。


「街なか実例見学会」のメリット


●引き渡し前の新しいお家を実際に見ることができる


●和建設の家づくり、デザイン、仕様などを見ることができる


「家庭訪問ツアー」のメリット


●和建設でお家を建てたオーナー様の、実際の暮らしぶりを見ることができる


●オーナー様の住まいづくりのストーリーや、やってよかったこと・家づくりの先輩からのアドバイスなどリアルなお話をご本人から聞くことができる。


「水廻りお勉強バスツアー」のメリット

●実際の仕様・装備が目で見て確認できる。

●メーカーの専門知識を持ったスタッフからお客様の生活にあった仕様の説明が受けられる。

●人気メーカーの最新の仕様・装備が見られる

「家づくり勉強会」のメリット

●いつ家を建てればいいの?がよくわかる。

●あなたにとって、どんな家を建てればいいの?がよくわかる。

●どんな住宅会社で建てればいいの?がよくわかる

●家づくりの不安・疑問にスタッフが丁寧にお答えいたします。

また、上記のイベントに参加したからといって、和建設では強引に営業することは行っておりません。

岡山・高知での家づくり、期待やいっぱいの夢を私たちと一緒にお話してみませんか?家づくりでわからないこと・不安なことは家づくりのプロに聞いてみましょう!

和建設のイベントはこちらからチェックできます。全てのイベントは参加無料です。

web・お電話でのご予約も可能です。ぜひ、お気軽にご参加くださいませ♪

百の家族がいれば、百の暮らしがあります。お客様の暮らしや選ぶ仕様によって、家の雰囲気はガラリと変わります。ぜひ何度か足をお運びいただき、たくさんのお家を見てご自分の家づくりへの夢を膨らませていただければと思っております。