家づくりコラム

2018.07.16

SHINKAの家

岡山・高知で家を建てるための家づくりコラムvol.10

image
岡山・高知で家を建てるための家づくりコラムvol.10

今回も、和建設でお家を建ててくださったオーナー様の家づくりをご紹介いたします。岡山・高知で新築をお考えの方、家づくりのことでお悩みの方のしあわせな住まいづくりに少しでもお役に立つことができればと願っています。


\今回ご紹介するM様邸のみどころ/


●3つの夢を叶えた家


●和建設の特徴のひとつ。ご家族の暮らし・価値観の徹底的なヒアリング


●子育て、暮らしやすさが考えつくされた家


テーマ:夢の景色を眺めて暮らそう。




「三つの夢」と「暮らしやすさ」を実現する、家のカタチ。



年は例年より遅咲きだった高知市の桜。なかなか咲かないとため息をつく人もいた一方で、目の前でゆっくり膨らんでいくつぼみを眺めて、心弾ませていたご家族がいます。Mさんご夫妻と、わんぱく盛りな3人の子ども達です。Mさんご一家が家をつくろうと思ったのは、2013年のこと。奥様がご主人へ「家、ほしいよね?」と投げかけたのがキッカケでした。「子どもが増えてきて家事も大変だから嫁がそういう提案をしてくれて。家を建てるつもりは全然なかったので、最初は乗り気ではなかったんですが…」というご主人ですが、奥様は笑いながらある思いを抱いていたことを明かしてくれました。「主人は昔からずっと『家を建てたい』って言ってたんですよ。でも、全然行動に移さないから、『ちゃんとしようや!』という気持ちで私から提案したんです」。奥様の言葉を裏付けるように、いざ家づくりがスタートするとご主人のほうが積極的になっていきます。それもそのはず、ご主人は高校時代、建築科に通っていたのです。「卒業してから音楽の道に進んだので建築から遠ざかっていたんですが、自分の家づくりが始まって、眠っていたものが呼び起こされた感じがしました」。火がついたご主人は”自分の家”に思い描いていた三つの夢を実現しようと決意。それは『眺望がいいこと・坂があること・桜が見えること』です。「眺望が良いと『自分の家を建てたぞ』という実感がいつでも味わえると思ったんです。坂はマイナスなイメージがあるかもしれませんが、子どもの頃に住んでいた家が坂の上にあって、ストリートライブをした後、星を見ながら坂を上って帰っていく時間が好きだったんですよね。それと、桜は自分が尊敬する人が桜が好きなこともあったし、面倒くさがりやなんで家の中で家族で花見ができたら嬉しいなという理由もありました」三つの夢を叶えるべく、毎日のように地元の不動産情報をチェックするなど土地を探し続けたご主人。しかし、条件が揃う土地はなかなか見つからず1年が経過。まさに諦めようとしていたとき、この家の土地と出会うことができたのです。 小高い坂の途中。その坂道を挟んだ向かいにあるお寺の境内には、立派な桜の木が並んでいます。そして、東を見ると遠くまで続く住宅街と山の景色が見え、夜には街明かりと星空の共演が楽しめる場所。条件はカンペキですが、それだけで”夢が叶った”とは言えません。ご主人の夢を実現させるためには、土地と融合する家のカタチが必要です。景色をめいっぱい楽しむには大きな窓がほしいところですが、道に面しているのでプライバシーも守りたい。そこで和建設がご提案したのは”2階DKリビング”。東側にはキャンバスのように眺望を切り取る縦長の窓。北側には、桜並木に沿うようにリビングの端からキッチンまで広がる横長の窓を設けました。でも当初、奥様は不安げな様子でした。「買い物を持って上がるのも私だし、洗濯物を干すのも私ですから不安でした。でも、玄関に入ってすぐに階段を上れるように考えてくださったり、洗濯機やお風呂など水回りもすべて2階に配置してもらったので、実際には家事がしづらいことはないです。窓はお寺に人がいるときは視線が気になるので一部分だけロールカーテンを下ろしますが、逆に子ども達がお寺で遊ばさせてもらっているときは、料理しながらでも様子が見えるし、ダメなことをしていたら窓から『こらぁ!』って叱ることもできるので。ご近所にも声が聞こえていると思うんですけど…」なんともたくましい奥様の子育てにも一役かえたカタチです。家が完成したのは2014年7月。大喜びする子ども達と嬉しそうなご主人を見て、「家づくりをして良かった」と思えたという奥様。初めて窓に映る満開の桜を見たときは、あまりのキレイさに写真をたくさん撮ったんだそう。ご主人が思い描いていた”家の中で家族で花見”も、ご両親も招いて実現することができました。これからこのお家でしたいことは?とたずねると「子育てが落ち着いたら家の模様替えをしたいですね。主人がシックな雰囲気が好きなんで、子供部屋の壁を黒にしたんですよ。変えたくて仕方なくって!」と、取材班の私たちを笑顔にしてくれる奥様。すると、奥様がいないところでご主人がこっそりと口にしました。「僕に熱が入っていたので、嫁は黙っていろいろと譲ってくれたんです。言葉では言えませんけど感謝の気持ちでいっぱい。家づくりは一人ではできないですね」。












\担当設計士の思い/



M様(ご主人)は、じつは私の弟なんです。 子供の頃の夢は「大工さん」と言っていた弟。 大工さんにはならなかったけど、家づくりの話を聞いた時、 大人になったなあ・・・と思ったことでした。 弟のことだから、きっとこだわりがたくさんがあるんだろうなと 思っていましたが、案の定手描きのプランやイメージ画像が メールで何度も届き、打合せを重ねました。 思い描いた通りの桜の花も夜景も見える、 ステキな家を家族みんなで楽しんでもらえて、 弟の家づくりに参加させてもらえてうれしかったです。 奥様、ふつつかな弟ですがこれからもよろしくお願いいたします。



いかがでしたでしょうか?今回は高知県で家づくりをされたM様邸をご紹介させていただきました。


岡山・高知で家づくりをお考えの方の参考になれば幸いです。和建設では、定期的に「街なか実例見学会」「家庭訪問ツアー」「水廻りお勉強バスツアー」「家づくり勉強会」を開催しております。


「街なか実例見学会」のメリット


●引き渡し前の新しいお家を実際に見ることができる


●和建設の家づくり、デザイン、仕様などを見ることができる


「家庭訪問ツアー」のメリット


●和建設でお家を建てたオーナー様の、実際の暮らしぶりを見ることができる


●オーナー様の住まいづくりのストーリーや、やってよかったこと・家づくりの先輩からのアドバイスなどリアルなお話をご本人から聞くことができる。


「水廻りお勉強バスツアー」のメリット

●実際の仕様・装備が目で見て確認できる。

●メーカーの専門知識を持ったスタッフからお客様の生活にあった仕様の説明が受けられる。

●人気メーカーの最新の仕様・装備が見られる

「家づくり勉強会」のメリット

●いつ家を建てればいいの?がよくわかる。

●あなたにとって、どんな家を建てればいいの?がよくわかる。

●どんな住宅会社で建てればいいの?がよくわかる

●岡山・高知での家づくりの不安・疑問にスタッフが丁寧にお答えいたします。

また、上記のイベントに参加したからといって、和建設では強引に営業することは行っておりません。

家づくり、期待やいっぱいの夢を私たちと一緒にお話してみませんか?家づくりでわからないこと・不安なことは家づくりのプロに聞いてみましょう!

和建設のイベントはこちらからチェックできます。全てのイベントは参加無料です。

web・お電話でのご予約も可能です。ぜひ、お気軽にご参加くださいませ♪

百の家族がいれば、百の暮らしがあります。お客様の暮らしや選ぶ仕様によって、家の雰囲気はガラリと変わります。ぜひ何度か足をお運びいただき、たくさんのお家を見てご自分の家づくりへの夢を膨らませていただければと思っております。