スタッフブログ

2019.01.28

自分でできる!プロが教える家を長持ちさせるハウスメンテナンス(玄関ドア・サッシ・網戸編)

image
せっかく建てた、大切なお家。これから長く住まう我が家を、大切に綺麗な状態で長持ちさせたいですよね。和建設ではメンテナンス専任スタッフが常駐し、定期的にオーナー様のお家に点検・メンテナンスに伺っております。ただ、毎日気持ちよく暮らしていくために、自分でできるお手入れは日頃からしておきたいものです。住宅の寿命は、日々の点検や清掃によって大きく変わってきます。こまめなメンテナンスで長寿命化を図ることも可能です。そこで、今回は「ハウスメンテナンスブログ」第一弾として、自分でできるハウスメンテナンスを一部ご紹介します!

こんにちは!和建設のアフターメンテナンス担当、森本こと“もっさん”です。



今回ご紹介するのは「玄関・勝手口ドア・サッシ」のメンテナンス方法です。よくあるお悩み別にしてみましたので、思い当たる方はもっさんメンテナンスでお家のお悩みが解消されるかも!

玄関・勝手口のドア編



お悩み①ドアが開閉しにくい





ドアが開閉しづらい場合、ハンドルやラッチ部分に汚れが溜まっている可能性が考えられます。「パーツクリーナー」と呼ばれる金属の油汚れ落としを使えば簡単に掃除できますよ。

▼もっさんおすすめメンテナンス商品▼

コメリ パーツクリーナー(200円前後)



お悩み②鍵が回しにくい



カギ穴のメンテナンスにはカギ穴専用スプレーをお使いいただくのがおすすめです。一般的な潤滑油(シリコンスプレー)などを使いますと、一時的には良くなりますが、ホコリなどの目詰まりの原因になるおそれがあるので要注意!!

▼もっさんおすすめメンテナンス商品▼

AZ 鍵穴用潤滑剤 キーメイト/800円前後



お悩み③リモコンキーやカードキーが反応しにくい(リクシル)





リモコンキーやカードキーが反応しにくい場合、ドア本体にある乾電池が切れているケースが多いです。ドア側面にあるカバーを開けて電池交換を行なってください(ドライバーが必要です)。 ◯カードキーは[アルカリ単3×4本]、リモコンキーは[アルカリ単3×8本]が必要です。 ◯電池交換は2年が目安ですが、使用頻度によって異なります。警告音(ピッ)が5回鳴りだすと交換時期です。 ◯リモコンキーそのものの電池切れもありますのでご注意を。  撮影協力/LIXIL高知ショールーム

お悩み④ドアの開閉が遅い



ドアの上部にある「ドアクローザー」の調整ネジをまわすことで閉さ速度を変えることができます。ただし、まわしすぎには注意!少しずつ微調整し、1回の調整で半回転以上はまわさないでください。

“ここがポイント!”

・①のネジはドアの第一スピード、②のネジはドアの第二スピードを調整できます ・調整ネジは時計回りに回すと「遅く」、反時計回りに回すと「速く」なります

※ドライバーはサイズが合ったものを使いましょう。 サイズが合っていないドライバーで無理に回すと、ネジ山が削れて回せなくなります。ダメだ!と思ったらもっさんに連絡を! ※メーカーや種類によっては上記調整内容とは異なります



サッシ・網戸編



お悩み①基本のお手入れって?

レールの汚れやホコリを放っておくと開閉がスムーズにできなくなったり、劣化の原因になります。サッシブラシなどを使って掃除をしましょう。



網戸は目詰まりすると通気が悪くなります。新聞紙を網の向こうにあてて掃除機をかけるとホコリがよく取れますよ。内側→外側の順でかけましょう。



お悩み②クレセント錠をかけにくい

[錠本体]と[錠受け]、それぞれのネジをゆるめて位置を調整しましょう。



[錠本体]のネジをゆるめると上下に動き、[錠受け]のネジをゆるめると左右に動きます。





“ここがポイント!”

・[錠本体]は、小さなマイナスドライバーでカバーを外すとネジが現れます ・それぞれの位置をかかりやすい位置に合わせたら、ネジをしっかり締めてください

お悩み③サッシがガタつく、隙間ができる

「戸車」という部品の調整を行いましょう。サッシ戸の側面下に写真のような部品がありますので、カバーを外し、穴にプラスドライバーを入れて回しましょう。







“ここがポイント!”

・サッシを上げたいときは時計回りに、下げたいときは反時計回りに回します ・回しすぎてネジが外れると故障の原因になりますので、少しずつ回してください ・開閉が重く感じるときは、 戸車に潤滑油をさしてください。

▼もっさんおすすめメンテナンス商品▼

KURE 5-56 (800円前後)



お悩み④網戸が外れる

網戸が外れやすい場合、網戸の側面上部にある「はずれ止め」を調整します。まずはネジをゆるめ、はずれ止めを上げて、ネジを締めます。



“ここがポイント!”

・「はずれ止め」がゆるすぎると台風等で網戸が飛ぶ原因に、きつすぎると網戸が動かなくなります。上から2ミリくらいの位置にセットしましょう ・作業後、網戸を持ち上げて外れないことを確認してください

はい!以上です!

「玄関・勝手口ドア・サッシ」のメンテナンス方法をご紹介しました!ぜひお試しあれ。

٩( ᐛ )وここでもっさんから一言

スプレー等を使用する場合は、注意書きをよく読んで使ってくださいね。また、高いところの作業には十分気をつけて、無理はしないように!

大切な我が家は家族と同じ。大切に、長く愛してください!