スタッフブログ

2020.09.15

SHINKA FLEXSHINKAの家

羽子板ボルト

image
こんにちは!工事部の守屋です!!

台風10号の通過後いっきに朝、夕が涼しくなって過ごしやすい日々になりました。

体調管理が難しい季節ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか??

今日は現場で仕様する金物についてお話ししようと思います!

今回お話しするのは羽子板ボルトという金物についてです。

羽子板ボルトとは、梁と桁、柱と桁のように直行する部材を緊結する金物の事です。(下絵参照)

(→→金物の形が羽子板に似ている事からこの名前が付いたそうです)



弊社では梁と桁の接合部で使用しているのですが、この金物において

羽子板の羽根部分の溶接

座金

の2点にこだわっています。そのことについてお伝えしたいと思います!

➀羽子板の羽根部分の溶接

一般的な羽子板ボルトは次の写真の様に棒の部分と平たいプレートの部分が溶接してあります。



一方私たちが利用している羽子板ボルトは次の写真のタイプです。



こちらは棒とプレート部分が一体物で作られており、強度の安定化を図れる物となっています。

また、出っ張りが少ない分作業性が良くなるといったメリットもあります。

②座金

羽子板ボルトを締め付ける座金はいろいろあるのですが、私たちはオメガシュリンクという物を使用しています。

オメガシュリンクは、ばねを利用した座金で、木が乾燥収縮で痩せた時にナットのがたつきを防いでくれるというメリットがあります。



下絵の丸で囲った箇所で使用します。挟み込んだ木材が痩せた時、ばねが活躍してくれるというわけです!!



金物1つ1つにおいてもより良い物を選び、少しでも安心安全な家が建てれればと思います!!

工事部守屋でした。