スタッフブログ

2019.07.13

SHINKAの家

工事現場の空と雲

image
みなさんこんにちは!

工事部の藤戸です😊

 

最近はやっと倉敷の道にも慣れてきて、そろそろ趣味のカメラで街探索をたくさんしていきたいと計画中です!

また岡山県の素敵な写真が撮れたら紹介しようと思います。

 

 

工事中の現場って、すごい!なんて思うことはあっても、素敵✨なんて思うことはありませんよね。

しかし工事現場は空と組み合わせると、とても素敵なものになるんです!

そこで今回!私が工事現場とかかわるようになってとても心惹かれた風景ベスト3を紹介したいと思います!

 

第3位 柱の間からの空と雲



1本1本まっすぐ立っている木材の間から見える空と雲はとても色鮮やかで見てて飽きません。

自然と一体化したようなすがすがしい気持ちになります!

 

第2位 屋根と夏のような青空と入道雲



夏のような大きな入道雲、屋根の上だからこそ見れる360°の大きな空。工事現場で一番空と近い場所。

こんなに素晴らしい風景を見ながら仕事が出来るってとても素敵なことです!

一度でいいからこんなに良い天気に屋根の上でゴロゴロするのが小さいころからの夢でした。

 

第1位 夜が来る前



心に染みる夕日とともに、学生たちが帰る声が聞こえてきます。

視覚と聴覚と嗅覚。記憶は何からでも入ってきます。

私が入社したてで、初めて地元から出てきたばかりのころ、

この風景を目の当たりにして、なぜか嬉しいような、悲しいような、不思議な気持ちになりました。

 

 

現場から見る空は普通の空とは一味違います。

それは、違う場所でも同じです。自分の家から見た空や、旅行先での空、仕事先での空。私にとっては現場が一味違うものなんです。

みなさんも自分の一味違う空を見つけてみてください!

 

工事部の藤戸でした!