スタッフブログ

2018.04.22

SHINKAの家

夏を棟とすべし

image
この度〈とくひろブログ〉から

〈倉敷SHINKA日記〉に合流しましたトクヒロです。

長らくサボっているうちにすっかり夏の陽気になってしまいました。

RSKバラ園展示場オープンも近くなってきたこの時期ですが

先日営業と設計の『建物見るの大好き!』メンバーで

京都の【聴竹居】まで行ってきました。

クーラーのなかったこの時代、

床下に風を通して床を冷やす

部屋の熱気は天井に設けた換気口から外に出す

そんな工夫もありますが

南の大きな窓の前にはもみじの大木があり

これからの時期青葉がすっぽりと家に木陰を作ります。

 

外から見ると鬱蒼とた雰囲気にみえますが

中から景色を眺めると足元のトドウダンツツジは

摺りガラスの効果で姿が見えなくなって意外とすっきりです。

寒い冬を暖く過ごしたいという望みが叶い

これからは『夏を棟とすべし』が

90年前とは違う形でテーマになるのも、です。

なんて思いながら

美しい家は何年経ってもやっぱり美しい・・・・と

感動した一日でした。