スタッフブログ

2019.02.11

SHINKAの家

会社と施主様をつなぐ 新たなコミュニケーションツール

image
こんにちは。岡山でも珍しく雪が積もり

寒い外の景色を見ながら今工事中の我が家は大丈夫だろうか?

というお施主様にはぴったりなサービスが弊社でもうすぐ始まります。

その名も『ieLeco(いえレコ)』です。

日々の工事の進捗状況を日報で報告したり

お客様とのやり取りは電話やメール、LINEなど…。

情報を受発信する手段が多岐に渡る昨今

伝える側も受け取る側も意思疎通が

うまく取れなくなり大小様々な問題が起こっています。

ieLeco(いえレコ)は、弊社でも現在使用している

現場情報クラウドシステムの「ダンドリワーク」を開発した

ダンドリワークスという会社が提供する顧客満足度アップの為に開発された

建築会社とお客様(施主様)を繋ぐ新たなコミュニケーションツールです。

お客様、現場監督、担当営業との間での情報共有を

一つのツールに集約することで情報の漏れや抜けが格段に減少します。

それを可能にするのが『ieLeco(いえレコ)』です。

利点は大きく4つあります。





①お客様からの意見や要望を社内で幅広く共有できる

ダンドリワークというクラウドで連携しているので

弊社社員全員が確認することが出来るでの情報共有が幅広くでき

ヌケやモレが大幅に減少します。

②掲示板・チャットでお客様との情報交換ができる

お客様と弊社担当と掲示板やチャットで気軽にやり取りができ

一つ一つのやり取りが一目で分かり、議事録としてしっかりと残ります。

現場監督とお施主様が現場でお話して変更になった事、写真を見て気になった事は

アプリの掲示板や、チャットで情報共有が出来るので

お施主様も、我々も情報がきちんと伝わっているという安心が生まれます。

③アプリで確認や連絡のやり取りがスムーズ行える

スマートフォンにアプリをインストールしておけば

どこでも見る事ができますので

仕事の合間のお昼休憩中や

休日家でゆっくりしている時など

スマホで簡単にやり取り出来るのでお手間を取らせません。

④ダンドリワークに保存している写真や

現場資料をアップロードできる

現場用クラウド「ダンドリワーク」で

現場担当者や職人さんがUPした現場の写真はフォルダ管理され

現場から遠方にお住いの方や

忙しくてなかなか現場を見に行くとこが出来ないお施主様も

日々の現場の進捗を写真にて確認する事が出来ます。

上記の4つがご利用頂いた際に得られる利点になります。

でも大事な我が家の図面や写真など個人情報は大丈夫なのかと

不安にお思いの方も安心して下さい。





写真や図面データなどは国際規格に

基づいたセキュリティ体制の元

暗号化されてやり取りするため

第三者に盗み見られる可能性はございません。

現在はこのシステムを導入するため

社内で説明会やレクリエーションを行っております。

もうしばらくお待ち頂ければ、今日のような雪の日や

夏の雨風が吹き荒れる台風の日の翌日など

お客様のお家の様子の情報を迅速に

お届けできるようになりますので暫しお待ちください。