スタッフブログ

2019.02.23

SHINKAの家

カラダ潤う♪サラダ

image
まだ寒い日が続いていますが、陽射の温もりに春の気配を感じ取れる頃になりました。

しかしこの時節は、寒暖差も大きく花粉の時期とも相まって、心身ともに優れないという方が多いと思います。

体調管理に気を使わなければいけない季節なのですが・・・

単身赴任の私は、ついつい偏った食生活になりがちです。

そこで、この時期は必ず野菜(サラダ)を食べるように心がけています。

 



(このバーニャカウダ最高に美味しかった♪)

この野菜(サラダ)を食べるルーツは古く、古代ギリシャ時代に「野草を摘んで塩をふった料理」が起源で、

当時から生野菜は、腸の働きを整える「薬効」を持つ食材と捉えられていたそうです。

 



(パクチー嫌いでしたが、食べれるようになりました。倉敷のとあるお店の「パクチーの香草ばくだん」)

日本にサラダが登場するのは、欧米の食習慣が入ってきた明治以降、さらに家庭の食卓にのぼるようになったのは戦後になってからで

それまでは加熱した野菜を食べるのが主流だったようですね。



(アボカド&マグロのサラダは、もはや鉄板ですね♪)

さて、今日のどんなサラダを食べようかな?

たっぷり旬の野菜を採り入れたサラダはカラダが喜びますね♪

以上、営業の麻生でした。